忍者ブログ

[PR]

2017.10.24 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

システム戦法紹介 コラム

 ここでは、システム戦法を紹介したいと思います。

 システム戦法は主に追い上げ系転がし系の2つに分かれます。
 
 簡単に説明しますと、追い上げ系は外れても資金を増やし、
 次回以降の当たりで負けを取り返してトータルで勝つ方法です。

 転がし系は、当たって増えた資金の全額又は、一部を次回の投資資金とし、
 大きな配当利益を狙おうと言う投資法です。

 ※私は一切このシステム戦法を使っていません。
   参考までに掲載しただけです。世の中の投資競馬と呼ばれる
   ものの殆どが何らかのシステム戦法を使っているので、
   いい加減なモノを知るよりはと、参考までに紹介しただけです。

追い上げ系

 マーチンゲール戦法


 これは、負けたら賭け金を2倍にしていく方法です。

 非常に有名な投資法ですね。
 オッズは2倍で固定されていると考えてお読みください。

 例えば5回連続で負けて6回目で勝った場合は賭け金は順に
 1、2、4、8、16、32となり合計賭け金は
 1+2+4+8+16+32で63になります。
 6回目で勝って64を手にするので、結局1だけ儲けることになります。
 ですので理論的には絶対に損をしません。

 しかしマーチンゲールは机上の空論と言われています。

 たとえば1番人気馬は過去に18連敗したことがあります。
 18連敗したら、19レース目の資金は、100円スタートで、
 約2600万円、トータルで5200万円必要です。
 そこで、2倍の配当が当たれば利益100円、
 外れれば次回資金は5200万円、トータルでは・・・億・・・。

 マーチンゲール戦法は、リスクが高い割に、期待できる見返りが少ない、
 やってはいけない方法の代表格です。

 ちなみにオッズが2倍だと1の利益が、
 1.5倍で的中するとチャラになります。

ダランベール戦法

 1で賭け始め、負けた時は1増やし、勝った場合は1減らすという方法です。
 リスクが大きい割りには儲けはあまりない方法です。

 マーチンゲールより必要資金が緩やかではあります。

n倍戦法

 これはオッズが変動する競馬向けの戦法で、
 利益をいくらにするか決め、投資金が変動します。

 公式は 投資金  × (オッズ-1) = (利益 + 累積投資金)
 となり、投資金はnと表します。

 例として、1レース目のオッズを2倍、利益を10000円とすると、
        n  × (2.0-1)  =10000
        n  × 1       =10000
                   n  =10000 ÷ 1
                   n  =10000
 で、1レース目の資金は10000となります。

 外れた場合ですが、2レース目は3.5倍を狙ったとすると、
        n + ×(3.5-1)=10000+10000
        n    × 2.5   =20000
        n            =20000 ÷ 2.5
                 n  =8000

 となり、2レース目の資金は8000円で的中すると、
 1レース目の資金を差し引いても10000円の利益が出ます。

モンテカルロ戦法

 これはキャンセレーションシステムと呼ばれる方法の一種です。
 モンテカルロ戦法は、紙とペンが必要です。でも難しくはありません。

 (1) まず「1 2 3 4」という数列を書きます。
   必ず右に向かって数字が大きくなる様にします。
 (2) 数列の左端の数字(=1)と右端の数字(=4)を足した数(=5)を賭けます。
 (3)負けたら、今賭けた数字(=5)を数列の右端に加えます 
   (「1 2 3 4 5」です)。そして上の(2)に戻ります。
 (4) 勝ったら、倍率2倍のオッズの場合は
   左端の数字(=1)と右端の数字(=4)に棒を引いて消します。
   倍率3倍のオッズでは左端の数字二つと
   右端の数字二つを数列から消します。
 (5)数列にある数字が無くなるか、1個になれば終了です。
 (6)続けたい場合は、(1)に戻ります。

 問題点は、当たり、外れが繰り返されると数字だけが大きくなり、
 十分な持ち金がないと、資金が途中でなくなる場合があることです。

2 in 1戦法

 これもキャンセレーションシステムのひとつで、
 2回の負けを1回で取り戻す方法です。方法は簡単です。
 負けた金額を書き、その左端と右端の数字の合計金額を賭けていきます。

 たとえば、1を賭けて負けた場合は「1」と書きます。
 次はこの書いてある数字(1)を賭けます。これで負けたら、
 右側に1を書き足して、「1 1」となります。
 その次は左端と右端の合計の2を賭けます。

 これを繰り返して四連敗すると、「1 1 2 3」となります。
 その次の賭け金は4で、それに勝ちますと、
 左端と右端の数字を消して数列は「1 2」になるので、
 次は1と2の合計の3を賭けます。それに勝つと、どうなりますでしょうか。

 結果的に2勝4敗であるにもかかわらず、
 合計収支はプラスマイナスゼロです。

 とにかくキャンセレーションは、
 最後は必ず連勝しないと数字が全部消えません
 必要資金が大きくなると精神的にきつくなるので実行には気をつけて下さい。

次のページは転がし系の紹介です。

PR

TrackBack

TrackBackURL  :
 競馬カレンダー 
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 プロフィール 
HN:
90%軸馬さん
性別:
非公開
趣味:
投資と名がつくモノの徹底研究
自己紹介:

「投資」で一番大事な事は、

決めたルールを絶対守る為の

「鋼鉄の心」です。







 競馬予想業者 
人気競馬サイトのランキングです。あなたの望む競馬サイトが見つかるはず。

内部関係者の情報による予想。 無料で勝負馬券情報を配信してます。 現場で聞いた勝負馬券情報を無料で配信しています。
 各業界人気の会社 
会社だけでなく、キャッシングの不安や疑問、一本化等の情報も満載!
▼ おすすめ情報
▼ 爆発的人気の情報
▼ バーコード